ドラえもんの秘密道具
ドラえもんプラス3


ドラえもんの道具あれこれ

ドラえもんクイズに挑戦する


「サウンドカメラ」

音も写せるカメラ。音を再生するボタンが写真についてくる。


「きもだめしめがね」

このメガネをかけるとまわりの世界が怖く見える。


「原料ライト」

光を浴びさせた物は元の材料に戻る。料理に失敗した時にやり直す時などに使える。

もどりライトに似ている。


「道すじカットボード」

地図上の道筋をカットすると実際の道もショートカットできる。


「タイムトンネル」

タイムマシンのような道具。トンネルをくぐって時間を移動する。


「スグナオール」

腹痛をピタリと止める薬。


「スグナオールのテスト用パン」

食べるとお腹が痛くなる。スグナオールの効き目を試すパン。


「テルテルコート」

てるてる坊主デザインのコート。着ると雨がやむ。


「みせかけモテモテバッジ」

特定の人物の近くにいる時だけモテるようになる道具。


「そのときどこにいた」

ある物がある時間どこにあったか調べる道具。


「お化けツヅラ」

お化けやしきごっこに使うお化けの詰め合わせセット。

お化けがどんな方法を使ってでも相手を怖がらせる。


「化けよけスプレー」

お化けがよりつかなくなるスプレー。


「一発逆転ばくだん」

不利な状況の時にこの爆弾を破裂させると、立場を逆転させることができる。


「アリガターヤ」

天使の輪のような道具。これをつけている人の言うことは誰でもありがたいお言葉に感じるようになる。

ドラえもんプラスの3巻のこの話ではスネ夫の弟がちょっとだけ登場する。40巻の時ほど大きな出番ではない。


「室内世界旅行セット」

スクリーンに地図で指定した場所を映し出す道具。部屋の中で旅行気分になれる。

これはもしかして現代でもネットを使えば可能なのでは。でっかいモニタとかストリートビューとか使って。

ただ、室内世界旅行セットはリアルタイムの動画らしい。


「正義のパトカー」

どんな小さな悪事も見逃さず、悪者をこらしめる道具。


「トビレットペーパー」

ちぎると空に浮かぶ紙。体に巻くと体が軽くなる。


「あやつりそっくりふうせん」

ふくらました人そっくりになる風船。自由に操ることができる。


「一時あずけカード」

一時的に物を誰かに預けることができるようになる道具。

カードの頼みは断れないし、怒れない。


「ばくはつこしょう」

移動に使える道具。

側にいる人にこの胡椒をふりかけると、クシャミで目的地に吹き飛ばしてくれる。


「ホログラ機」

目には見えても触れない姿になれる道具。


「スピード増感ゴーグル」

このゴーグルをつけた人はゆっくり走っても猛スピードの体感が得られる。


「苦手つくり機」

誰かの弱点を作れる機械。


「ペッター」

掃除機をペットにできる道具。


「シャラガム」

かむとガムシャラになるガム。何でもやり遂げられる力がつく。

と思わせておいて実はただのガム。


「筋肉コントローラー」

他人の筋肉をあやつることができる道具。


「ゴキブリカバー」

ゴキブリが着るぬいぐるみ。


「ゴキブリシーバー」

ゴキブリを進化させて会話ができるようになる道具。



ドラえもんの秘密道具
目次へ