ドラえもんの秘密道具
ドラえもん30巻


ドラえもんの道具あれこれ

ドラえもんクイズに挑戦する


「実物ミニチュア大百科」

調べたい物の名前を言いながらボタンを押すと、実物が出てくる事典。ただしミニチュアサイズ。発音が悪いと違うものが出てくることがある。


「人がたスタンプインクと用紙」

人にインクをかけて人型を取る道具。人にかかったインクは三分で消えるので汚れても大丈夫。


「サカナコイコイゲート、サカナキタキタゲート」

海に仕掛けたサカナコイコイゲートをくぐった魚は、陸に仕掛けたサカナキタキタゲートから出てきて地中を泳ぐ。


「地中つりざお」

サカナキタキタゲートで地中に呼び込んだ魚を釣る道具。


「フエール銀行」

一時間ごとに一割の利子がつく銀行。十円が一週間で九千万くらいになる計算。


「物体電送アダプター」

電話にとりつけると相手側に物を送ることができる道具。出木杉君に嫌がらせの電話をかけてくる相手の正体を突き止めるために使われた。

この話ですごいのは、しずちゃんのスカートを大声で返しに行くというドラえもんのボケがフリになって、話のラストでのび太がオチを作るという構成。最初にドラえもんがボケるところは普段なら絶対にのび太の役割であり、ドラえもんがそれに突っ込むのが自然。しかしそこが逆になっているのは、すべてラストにくるオチのための前フリだったのである。すばらしい。


「野生ペット小屋」

特定の野生動物の居場所を記録していつでもその場所につないでくれる小屋型の道具。


「クロマキーセット」

未来のクロマキーセット。ふつうのクロマキーよりもいいクロマキー。二つの画面を合成すると実際の画面の場所に合成したものを映し出せる。


「わりこみテレビ」

テレビに映っている人物の顔に別の人物の顔をはめこむことができる道具。


「ホンワカキャップ」

飲み物にこのキャップを取り付けけから注いで飲むと、お酒を飲んだ時のようにホンワカした気分になれる。


「ひさしぶりトランク」

このトランクと一緒にいるとなんでも久しぶりに感じる。懐かしい気分になったりして感動を味わえる。


「へやこうかんスイッチ」

このスイッチを取り付けた部屋はどこにあるどんな部屋とでも取り換えることができる。部屋の中に人がいても一緒についてはこない。交換先の部屋に人がいる部屋の場合警告してくれる。


「することレンズ」

このレンズを通して人を見ると、その人がこれからやろうとしていることがわかる。


「ドジバン」

絆創膏のような道具。これを貼られた人は何をしても失敗する。


「お子さまハンググライダー」

小さなハンググライダー。背中につけてちゃんと飛べる。


「上昇気流マット」

空気を軽くして上向きの流れを作り出す道具。ハンググライダーをする時に使用。


「お医者さんカバン」

体調の悪い人の診察と治療ができる道具。


「どこでもじゃ口」

好きな場所に取り付けられる蛇口。水もちゃんと出る。


「ハツメイカー」

ほしい道具を注文すると作り方を教えてくれる道具。

のび太は「ゴキブリぼう」「空中歩行機」「オールシーズン花だん」「ファイタースーツ」「ドラえもんとなかなおり機」などを発明した。


「ドラえもんとなかなおり機」

ドラミちゃんが出したハツメイカーで、のび太が作った道具。玉ねぎのみじん切りを使って泣いて謝ることができる。



ドラえもんの秘密道具

1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻 13巻 14巻 15巻 16巻 17巻 18巻 19巻 20巻 21巻 22巻 23巻 24巻 25巻 26巻 27巻 28巻 29巻 30巻 31巻 32巻 33巻 34巻 35巻 36巻 37巻 38巻 39巻 40巻 41巻 42巻 43巻 44巻 45巻 プラス1巻 プラス2巻 プラス3巻 プラス4巻 プラス5巻